理念

代表挨拶

スポーツ施設に欠かせないグラウンドや球技用のコート

ただ平らな土地にラインが引かれているだけに見えるかもしれませんが、実はさまざまな技術が詰まっています。 まずそれぞれのスポーツ特性に応じた機能性・耐久性が要求されます。 「走る」という運動をひとつとってみても   ラバーシューズで行う体育   陸上競技用のスパイクを使用する場合   授業やレクリエーションの範囲での使用 などが第一に考えられます。 また競技会などの成績や記録を重視する目的での使用かなど、利用者のレベルや使用頻度なども考慮する必要もあります。

快適さと機能性 -環境をご提案-

さらに雨が降るとたちまち水が溜まり、降り止んでからも長い時間乾かずにドロドロのグラウンドでは使うことができません。  また太陽の激しい照り返しを受ける球技コートではどうでしょう?  風に土ぼこりが舞うことによって周囲から苦情が出る場合どうしたらよいのでしょうか? つまり、いかに「快適に使えて保守・管理のしやすいグラウンド」を作るか。そしてこのような検討事項に対して、解決とご提案を行うのが私たちの仕事です。 目的に合わせて適正な舗装材を選択し、排水や散水などの設備も併せて、土地の弱点をカバーし利点を活用する設計を施し、さらにその性能を最大限に引き出す確実な技術で施工を行います。

代表